でこぽんについて

でこぽんの特徴

お一人おひとりが、ご自身のペースで
楽しくゆったり過ごせる場所。


皆様はデイサービスにどのような印象を抱かれているでしょうか?
体操や食事、入浴、イベントなど、ご利用者様が集団で行動、生活する場所を提供するのが一般的な通所介護の在り方のようです。そこで私たち「でこぽん」では、明るい喫茶店のような、ご利用者様お一人おひとりが、それぞれの時間をのんびりと過ごしていただける環境をご用意いたしました。
例えば入浴一つにしても、集団入浴や決められた時間に強制的に、ということは決してありません。入浴時間やお湯の温度までご利用者様のお好みに合わせることが可能です。また、季節行事やレクリエーションなどをとくに定めていないことも「でこぽん」の特徴と言えるでしょう。集団でのスケジュールよりも、個々の時間を大切にさせていただきます。

デイサービスページへ 居宅・訪問介護ページへ

代表あいさつ

私たち「でこぽん」は人と人とのつながりを大切にし、愛情あるあたたかい介護ができればと考えています。
まず「でこぽん」の由来からお話しましょう。
何か良い名前はないだろうかと、考えていましたが、なかなかピンとくるものが浮かびませんでした。ある日、富山在住の友人のお母様から宅配便が届きました。
子を思う母の愛情がいっぱい詰まった品物ばかりでした。
その中に「でこぽん」がありました。かわいい頭をしたお茶目な形のみかんです。いただくと甘くとてもおいしいみかんです。
東京でも買えますが、そのでこぽんには母の愛情がたっぷり詰まっていました。これが母の愛情ですね。優しく、温かい母の愛こそ介護の心ではないかと思いました。
そんなあたたかい愛情を持って仕事に取り組みたいと考えて命名いたしました。

株式会社 でこぽん
代表取締役社長 右京 佐和子

でこぽんのこころ

介護をさせていただくとはどういうことだと思いますか?

それはご利用者様の手や足になることではないでしょうか。"自分だったらどうされたいか"を考えてみましょう。また、自分の母だったら、父だったら、子供だったら、兄弟だったら、どうしてあげたいですか?考えてみてください。そうすることでご利用者様の要求が見えてくると思います。
私はこの仕事を始める前まで看護師として働いていましたが、患者さんに「また、この病院に来たいなぁ~」と思っていただけたらといつも考えていました。でこぽんのヘルパーさんがご利用者様に「また、でこぽんのヘルパーさんに来てもらいたいね。」と思っていただければと考えています。

一生懸命に働かない。

これはどういうことだと思いますか?ヘルパーさんが張り切りすぎて、身体機能の低下していらっしゃるご利用者様が羨ましく感じてしまわないようにするためです。ご自分がご家庭でなさっている時のように介護にあたっていただきたいのです。

小さなことにも耳を傾ける。

どんな些細なこともうなずいてさしあげる。馬鹿にしないで耳を傾けてさし上げてください。特にお年を召された方は私たちの人生の先輩です。敬意を持って接していただきたいのです。障害をお持ちの方々は私たちが見えないところをよくご存知です。
教えていただくことも多いと思います。

プロ意識を持って仕事をする。

ヘルパーさんはしっかり教育を受けてこられた方々です。そして資格を持って働いておられます。すなわちプロですね。仕事をしてその教育や資格が、ヘルパーさん方が好きなものを買ったり、おいしいものを食べたりするお金に換わることを忘れないでください。
ヘルパーさんこそが日本の介護を支えてくださっている聖職者だと私は思っています。
人生は息を引き取るまでの暇つぶしだと思います。何をして暇つぶしをしても、その方の選ばれた人生です。人生を終えるときに「あ~、楽しかったなぁ!」と思える人生にしたいですよね。
さあ、ご一緒に人生を楽しんで行きましょう!